会社を辞めたオヤジの第二の人生

久々にウィンタースポーツに挑戦

無趣味は良くないと友人に言われ、ここ最近、自分がやりたいことを考えていました。

昔から体を動かす事が大好きで、今も妻とよく散歩に出かけています。

そこで気がついたのが、昔、若い頃にやっていたスキー。

ウィンタースポーツの定番ですが、最近はスノーボードが若い世代を
中心に人気を集めていますね。

20代の頃はよく友人と、スキーをする為にちょっと足を伸ばして他県へ行ったものです。

長野の雪山

それがいつしか家族のために、それから自分のためにと仕事の毎日を送るようになりました。

大好きだったスキーも止め、気がつけば休日返上で仕事をする毎日。

退職して無趣味だと思っていたけど、昔の事を最近思い返し、
またウィンタースポーツをする事にしました。

倉庫に眠っていた型の古いスキー板がまだありました。

デザインも今とは全く違い、とてもじゃないけど恥ずかしくてスキー場にはいけません。

最近はどんなデザインが流行っているのか、近所のスポーツショップを訪れてみました。
アルペンがおすすめ

昔と違い最近は、デザインが丸い感じに思えます。

私のへそくりで最新型のスキー板など、一式購入しました。

もちろん一緒に楽しんでいた妻の分も一緒にです。

それからこれまた古いタイプのスノーウェアも新調しましたよ!

これまでは目がチカチカするほど、色彩の鮮やかなデザインのものでした。

何十年ぶりかに妻に出してもらったウェアは、とてもじゃないけど着る事が出来ません。

それに手袋は手の部分がボロボロになっていました。
帽子から全て新調し、妻と一緒に久しぶりに若返ってスキーを楽しみます。

昔は何も怖がらずに急な斜面を一気に下っていました。

たぶん今リフトから降りて、斜面を下ろうとすると足が竦むと思います。

初めは初心者、子供コースからスタート。

格好だけは一丁前のいい歳したおじさんが、子供に紛れてスキーを楽しむのもどうかと思います。

けど昔あんなに楽しんでいたから、ちょっと滑ると勘が戻ってくると思うんですよね。

妻は元々運動神経が良いから、私よりも上達が早いと思います。

私の娘はスノーボードが好きみたいだから、今度一緒に家族でスキー場へ出かけるのも良いかなって思っています。